「北斗の勢い」も是非みてください!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 浜松市 再スタート | main | 浜松市 進路を決める >>
浜松市 子供の頃
 子供の頃


毎日のように駄菓子屋さんに行くのが楽しみでした。

同じ年代いの子供たちが集まって来る。

駄菓子を買ってから 皆で遊ぶ。

それが日課でした。


そんな中、一人だけ、私たちの何倍も、お小遣いを持っていた子供

がいました。それは、大工さん家の子供でした。


私たちは、一種類の駄菓子しか買えなかったのに、

大工さん家の子だけが、好きなものを何種類か買っているのが、

子供ながらに、うらやましかったのです。


「いいな〜、大工さんの子供は、お小遣いいっぱい貰えて!」

「好きなもの、何でも買えて!」


「私も、大工さん家の子供に生まれたかったな〜」

と、思ったものです。


私は、「大人になったら、大工さんになろう。きっと、お小遣いいっぱ

い貰えるだろうから?」

と、矛盾した、子供心を持っていたことを、今でも思い出します。


そんな思いがあったのか、父親の工具箱から、金づちや、釘など持

ち出して、大工さんの真似をして遊んでいたころを思い出します。


勉強が嫌いで、物を造ったり、壊したりするのが好きでした。



中学生になっても、勉強は嫌い、それに飽き症、凝り症と、夢中に

なるけど、何をやっても長続きしない。


そんな私に、進路の事、将来の事を考えなくてはいけない時期が

来ました。・ ・ ・ ・ ・




Posted by : 北斗 | 北斗の挑戦記録 | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 03:00 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://j-hokuto.jugem.jp/trackback/268
TOP